社会福祉法人 宝樹
障害者支援施設 太陽の丘ホーム
本文へジャンプ
トップページ
施設紹介
サービス概要
・入所
・通所
・ショートステイ
・放課後等デイ
アクセス
お問い合わせ
事業報告
太陽の丘檸檬館
地域包括支援センター
たいよう
グループホーム太陽の丘檸檬館


 「住み慣れた街で暮らしを続けたい」というご本人やご家族の希望を叶えるための住まいです。檸檬館という名前は、正面の庭で大きく育った檸檬の木が、大きな黄色い檸檬を沢山実らせている様子を見て名づけられました。「檸檬館」は、身体的に何らかの支援を必要とする方が、最大で6名まで暮らせる常時介護支援付き共同住宅です。体の不自由な方が一軒家で共同生活を営めるよう、家の中では常時介護者がついて様々なお手伝いをします。また、体の機能向上と自立した生活を目標に、日中は機能回復等のために日中生活訓練の場へ通われます。それ以外の時間は、前述にもあるように、その方に応じて必要なサポートを受けながら、自室で個々の時間を自由にのんびりと過ごされたりします。また、ご家族やご友人が付き添って外泊したり、外出したりすることもあります。これまで異なる環境で生活してきた方々が集まって共同生活を営むため、常識面や社会性に照らしても一定のルールが必要ですが、できるだけお一人お一人のお気持ちが尊重されます。居室は、プライバシーを保ちながら、居心地の良さを大切にします。さらに、ゆったりとした空間を確保し、ゆとりと落ち着きのある共有スペースを作ります。また、車で3分の至近距離にある本体施設(太陽の丘ホーム)と常に連携を取っており、特に大災害発令等の緊急を要する際は、職員が援助に駆けつけるなど、様々なバックアップ体制や協力体制を整えております。現在、檸檬館の仲間は、お互いの名前を呼び合ったり譲り合ったりと、とても楽しそうです。また、自発的に音楽を聴いたり、ダーツやゲームを楽しんだり、たわいもないお話をして談笑したり、お洗濯物をお部屋に干したり、皆のお茶碗を拭いてくれたり、お掃除したり、日記を書いたり、檸檬館通信を作成したりと、ご自分に出来ることから無理なく協力しながら、ご自分のペースで落ち着いた楽しいひと時を過ごされています。

概要
所在地:〒299-0117 千葉県市原市青葉台1-14-12

対象者:65才以下(身体障害者手帳をお持ちの方で、障害程度区分2以上)の方。